calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

categories

archives

プロフィール

こんにちはDr.Kwanです。 日本では某大学病院で消化器内科医として診療してきましたが、2010年よりシンガポールにて内科医をしていました。2013年より日本に帰国し、能登で半医半農生活を始めました。 以前から栄養に興味があっていろいろ学んできましたが、普段の食事が健康にとても大事なこと、私たちの食習慣が知らない間に不健康なものになってきていることに気付きました。 これから、栄養について究め、どんな食事を摂るべきかについて皆様に伝えることで、少しでも多くの人を健康にすることができれば・・・と思っています。

食品の加工

0
    食の問題の中でも、最も大きなウエイトを占めるであろう、食品の加工についてです。

     

    最近、科学技術の進歩に伴って食品の加工がどんどん多様化し、加工食品が多くなってきています。

     

    食品の加工って何でしょう?

    野生の動物たちは、とってきた物をそのまま食べます。

    しかし、人間は火を使って料理をし、保存し、最近では輸送し、よりおいしくするために添加物を入れて食べています。

    そう考えると、料理も加工の一部ですね。

     

    食品の加工って何のためにするのでしょう?

    1.よりおいしくするため

    2.実用性のため(保存・輸送・調理の簡便性など)

    3.衛生価値のため(有害微生物の発育を抑える、有毒物質・不純物などを取り除く)

    4.栄養を強化するため(強化米、ヨード卵など)

    などいろいろ考えられますが・・・

     

    最近急速に増えているのが、実用性を上げるための加工です。

    保存・輸送ができるようになったため、24時間スーパーやコンビニや自動販売機でおいしいものが手に入れられるようになりました。また、冷凍食品などが出てきて、調理の手間が家庭の台所から、お店の調理場や工場に移ってきました。

     

    しかし、これらの加工は栄養的な面からみるとマイナスのものが多いのです。

     

    「栄養を犠牲にして利便性を向上させてきた。」とも言えるかも知れません。

    そして、主婦は働きに出る時間ができて、共働きが可能になったというわけです。

     

    しかし、この代償は思っているよりも大きいかもしれません。

     

    それぞれの栄養素は体の中で様々な働きをしています。

    ビタミンCを例にとってみると、結合組織を作るために必要だったり、ストレスに対抗するために作られるステロイドホルモンを合成するのに必要だったり、免疫力を上げるのに必要だったり、様々な働きをしています。

    しかも、今でも全ての働きが明らかにされているわけではありません。

     

    ということは、不足が進むにつれて様々な症状が出現する可能性があるということです。

     

    加工により栄養素の欠乏した食事を続けることは、ビタミンCだけではなく他の多くの栄養素も欠乏状態にする危険が高くなります。

    そうなると、ますます症状は複雑になることが予想されます。

     

    加工しすぎて栄養素が少なくなった食事ばかりを摂り続けたために、よくわからない体調の不良が出てきてしまった・・・

    などということのないように、手間はかかりますが、新鮮な食材も取り入れるようにしましょう。

    人気ブログランキングへ Twitterボタン
    Twitterブログパーツ

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック