calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

プロフィール

こんにちはDr.Kwanです。 日本では某大学病院で消化器内科医として診療してきましたが、2010年よりシンガポールにて内科医をしていました。2013年より日本に帰国し、能登で半医半農生活を始めました。 以前から栄養に興味があっていろいろ学んできましたが、普段の食事が健康にとても大事なこと、私たちの食習慣が知らない間に不健康なものになってきていることに気付きました。 これから、栄養について究め、どんな食事を摂るべきかについて皆様に伝えることで、少しでも多くの人を健康にすることができれば・・・と思っています。

子供の偏食

0
    先週は、なぜか診察中患者さんとの会話の中で子供の偏食の話が出てきたので、子供の偏食について少し考えてみたいと思います。

    子供が最初に口にするのは、母乳やミルクです。
    母乳やミルク100g中には糖が約7g入っており、ほんのり甘い味がするそうです。

    母乳で育った子と、ミルクで育った子でどっちが偏食が多いか、などにも興味はありますが、資料がないのでここでは触れません。

    次に少しずつ離乳食を与えていくことになります。
    最初は果汁を飲ませることが多いと思うのですが、果物は母乳よりも甘いものが多いので、そのままあげてしまうと甘い味に慣れてしまいます。少し薄めて母乳くらいの甘さにしてあげた方がいいのではないかと思います。

    果汁に慣れてきたら、ウチでは次に重湯もあげてましたが、ここで塩味をつけてしまう必要もあまりないのではないかと思います。
    赤ちゃんは母乳の味に慣れてますので、あまり塩味をつけなくても食べると思います。

    その後は、ウチの子供達は軟らかく蒸したブロッコリーとか食べてたような気がします。

    とにかく、あまり余計な味付けはせずに薄味に慣れさせること。そして、人工的な味付けではなく、素材の味を感じてもらえるようにするのが良いのではないかと個人的には思っています。

    離乳食で甘いものや塩辛いものに慣れてしまうと、自然な食材の味ではなくて、人間が後からつけた味に慣れてしまいます。

    そして、離乳食を期に、親も濃い味から素材の自然な味を楽しむ習慣をつけることができれば理想的なのではないかと思います。
    人気ブログランキングへ Twitterボタン
    Twitterブログパーツ

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック