calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

categories

archives

プロフィール

こんにちはDr.Kwanです。 日本では某大学病院で消化器内科医として診療してきましたが、2010年よりシンガポールにて内科医をしていました。2013年より日本に帰国し、能登で半医半農生活を始めました。 以前から栄養に興味があっていろいろ学んできましたが、普段の食事が健康にとても大事なこと、私たちの食習慣が知らない間に不健康なものになってきていることに気付きました。 これから、栄養について究め、どんな食事を摂るべきかについて皆様に伝えることで、少しでも多くの人を健康にすることができれば・・・と思っています。

亜鉛

0
    最近、シンガポールでは空気が悪いのか、長期間咳が続く方が多くいます。
    その中に、亜鉛欠乏が疑われる方が、結構高い割合でいらっしゃいます。

    亜鉛は、数百種類の酵素に関連していて、体の中で様々な働きをしています。
    亜鉛が少なくなると、食欲不振、傷が直りにくい、味覚障害、皮膚炎、風邪をひきやすい、元気がなくなる、性欲減退、貧血など様々な症状が出てきます。

    咳が続く方の中にも、亜鉛が足りなくて、粘膜の修復がうまくいかない方がいらっしゃるのだと思います。

    亜鉛は、牡蠣や煮干しなどの魚介類、牛肉、水煮していない大豆、ごまやカシューナッツなとのナッツ類、のりなどに多く含まれています。

    しかし、シンガポールでは
    1.日本ほど魚介類を食べる機会が少ない。
    2.のりを食べる機会も少ない。
    3.外食が多くなる傾向にあり、精製・加工した食品が多い。
    などの理由などにより、亜鉛が欠乏するのかなぁ、と想像しています。

    僕の地元は牡蠣が美味しいので亜鉛の欠乏はあんまりなさそうですが、日本でもきっと亜鉛欠乏の方は増えてるのではないかと思います。

    亜鉛欠乏を防ぐためには、
    1.お味噌汁のダシを煮干しでとって、そのまま食べてしまう。
    2.ナッツ類を食事に取り入れる。
    3.精製加工したものを減らし、なるべく自分で料理をする。
    4.牛肉を食べる。
    などが有効だと思います。
    人気ブログランキングへ Twitterボタン
    Twitterブログパーツ

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック